井上理津子著『葬送の仕事師たち』 井上理津子著『さいごの色街 飛田』文庫 井上理津子著『遊廓の産院から 産婆50年、昭和を生き抜いて』 井上理津子著『名物「本屋さん」をゆく』 井上理津子+団田芳子著『関西名物』 井上理津子+団田芳子著『新版 大阪名物』 井上理津子著『旅情酒場をゆく』 井上理津子著『さいごの色街 飛田』 井上理津子著『はじまりは大阪にあり』 井上理津子著『大阪 下町酒場列伝』 井上理津子+団田芳子著『大阪名物』 井上理津子構成『おおらかな介護力』 井上理津子著『大阪おんな自分流―扉を開けた8人の肖像』 井上理津子著『関学山脈 西に人あり』 井上理津子著『産婆さん、50年やりました』 井上理津子著『大阪おもしろ女社長』 井上理津子編集『京都の恋』 井上理津子著『見る聞く食べる!関西の小旅』 井上理津子著『発見いっぱい!関西のちか旅』

Archives»Information

  • 2015/10/21 日本環境斎苑協会 第29回全国火葬情報交換会で講演させていただきます。
  • 2015/10/02 奈良女子大学付属小学校(母校)同窓会総会で講演させていただきます。
  • 2015/09/20 14時58分〜、MBS特番「バナナとマヨネーズ」に出演します。

Archives»近況

  1. *4月17日、『葬送の仕事師たち』(新潮社、1400円+税)が発刊されました。
    帯のコピーは〈葬儀社社員、納棺師、復元師、エンバーマー、火葬場職員......。自らを語ることがあまりなかった職種を通し、「死」を見つめる〉。
     2008年に両親を亡くしたのがきっかけ。『さいごの色街 飛田』以降3年余り、これにかかっていました。「遺体まわり」の人たちの仕事ぶりと思いから見えてきたのは、心意気と職業倫理、それにリアルな死生観。「死ぬまで生きよう」のメッセージを私はもらった。一人でも多くの方に読んでほしいため、(下手ですが)トークでもサインでも、なんでもしますので、どうぞお声かけください。
  2. *3月から、日刊ゲンダイ金曜日に「本屋はワンダーランド」連載しています。昨年3月までの同連載の続編。町の本屋さん(新刊書店、古書店とも)に伺い、棚の特徴や売れている本、書店員さんの人となりなどを聞く、短いけれどルポ。100軒の本屋さんには100の個性がある。あ、人間と同じだ!
  3. *朝日新聞関西版「味な人」3年目に突入。みなさんからの「おすすめの店」情報もお待ちしています。
  4. *上記「葬送の仕事師たち』発刊で少し浮かれている(笑)ものの、次のとかその次のとかも迫っていて、ねじり鉢巻はいつも友。うかうかしているうちに、ベダンダのコデマリが咲き始めました。一番好きな花!
  5. 〈li〉長く更新をサボっていたのは、「まめな更新」を目指し、webデザイナー・丸井さんの手を借りずに自分で更新しよう、としていたため、結局できなかった(泣)という、情けない事情からでした。が、本日からたぶんできるようになったので、今後はしょっちゅう更新予定です(あくまで予定♪)。〈/li〉
    〈/ol〉

     

Archives»トピックス

『遊廓の産院から 産婆50年、昭和を生き抜いて』出版(河出文庫)

2013/03/06出版

兵庫県尼崎市の助産婦(助産師)だった、前田たまえさんの"産婆人生"を描いた、『産婆さん、50年やりました 前田たまゑ物語』(筑摩書房、1996年刊)の改題・増補・文庫化。
タイトルが「え?」かもしれませんが、前田さんの産婆人生は、神戸の福原遊廓から始まっていたのです。
先般、ソープ街と化して久しい福原遊廓跡を歩いたとき、店頭の黒服さんに、「ここって、むかし、遊廓があったところですよね」と声をかけると、
「ユウカクってなんですか」と問い返されたことを、ふと思い出します。
前田さんは、戦前から1990年まで、8000人もの赤ちゃん(のうちの1人が、うちの息子)をとりあげました。解説「ありのままに生まれる」は、ノンフィクション作家の河合香織さんです。

 

『名物「本屋さん」をゆく』出版(宝島SUGOI文庫)

2013/02/06お知らせ, 出版

日刊ゲンダイ「本屋はワンダーランドだ」「ここが話題のブックバー」連載の再掲。
60軒回って、思うのは、「いい本屋さんはいい居酒屋と同じだ」ということ。手に入った大切なお酒をきちんと温度管理しておいしく飲ませ、飲み口に合う料理を供します。それと、そっくりだなあと。構ってほしいオーラを出すと店主は構ってくれ、一人で本棚と向き合いたいときは1人にさせてくれます。
古書店、新刊書店が半々くらい。棚を巡ったり、店主と話したり、お客さんと話したり、掘り出し本を見つけたり。「一人称」で書いた、本屋さん紀行です。この本をポケットに入れて、本屋さんを巡ってください。

 

『関西名物』『新版 大阪名物』出版(団田芳子さんと共著・創元社)

2012/10/25お知らせ, 出版

京都、神戸・阪神間、大阪、奈良の、お土産にもできる選りすぐりの美味67品を、背景の歴史風土を踏まえて、エッセイ風に紹介した『関西名物』

2006年に上梓した『大阪名物』の増補改訂本。
大阪府内の、お土産にもできる選りすぐりの美味約70品を、余話もたっぷりに紹介した『新版 大阪名物』

二冊同日刊行いたしました。

 

『旅情酒場をゆく』出版(ちくま文庫)

2012/03/07お知らせ, 出版

高野山、大阪・新世界、仙台、東京・浅草、
秋田、広島・鞆の浦、博多、京都・三条、
大分・別府、名古屋、神戸、長野、飛騨高山......。

ふらりと旅に出て、足の趣くまま町を歩く。そして、夕方にはシブい居酒屋に着地し、店主や袖すり合った土地の人たちと話しながら、その地ならではの美味に舌鼓を打ちつつ、地酒をちびりちびりとやる。2008年1月〜2011年4月のほろ酔い旅の記録です。

 

『さいごの色街 飛田』出版(筑摩書房)

2011/10/22お知らせ, 出版

「無くなる前に記録しておきたかった......。
取材期間10年に及ぶ、著者渾身のルポタージュ!」と、
筑摩書房が書店用ポップを作ってくれましたが、まさに。

「料亭」経営者、女の子、客引きのおばさん、お客、警察、暴力団の人々らに(自分で言うのも何ですが)体当たりの取材をし、また、歴代の多数の資料を読み解き、「飛田の今と昔」を記しました。

→筑摩書房 PR誌ちくま「取材拒否の街/井上理津子

 
井上名物
父の日記
掘り出し物再録